スマートフォンで利用するブラウザ

スマートフォンやタブレットで利用するブラウザ。いろいろなアプリが登場しているので、ユーザーごとに何を使っているのかはわかれるのではないでしょうか。

例えばAndroid OS搭載スマートフォン/タブレットの場合、Google標準の「Chrome」を使っている人が多いのではないでしょうか。Chromeをスマートフォンやタブレット、パソコンで使えば、お気に入りに登録したリンクを異なるデバイス間で共有できます。パソコンで登録済みのお気に入りを、スマートフォンでも開けるようになります。新たにお気に入りを登録し直す手間が省けます。

Firefoxを利用する人も多いのではないでしょうか。パソコン用ブラウザとしてシェアを確保してきた結果、スマートフォンでも利用したいと考える人は少なくありません。動作が軽快で非力なスマートフォンでもスムーズにブラウジングできるとする固定ユーザーが多いようです。

アップルのiPhoneやiPadの場合はどうでしょう。アップル標準の「Safari」を利用する人が多いはず。デフォルトでインストールされているブラウザとして、あえて異なるブラウザをインストールして使う人は少ないのではないでしょうか。毎日使っているとiPhone速度制限が気になるかもしれないので、自宅では無線LANを使うのがおすすめです。

Windowsパソコンで圧倒的なシェアを誇る「InternetExplorer」は、スマートフォンやタブレットではほぼ使われてないようです。Android OS、iOSともにメーカーのデフォルトブラウザがシェアを確保しているため、マイクロソフトのIEが入る余地がないようです。しかしマイクロソフトも独自のスマートフォン「Windows Phone」を提供しており、パソコンと連携することでIEのメリットを享受できるようにしています。