重いパソコンを軽快にするには

パソコンは長く使っていると次第に動作が重くなってきます。ファイルを作ったり消したり、アプリケーションをインストールしたり削除したりを繰り返していくと、ハードディスクからデータを読み書きする速度が遅くなっていきます。ハードディスクの遅延こそが動作が重くなる一番の原因なのです。

ではハードディスクの影響を改善する方法はあるのでしょうか。その手段の1つが「デフラグ」です。これは、ハードディスクの中に分散して書き込まれているデータをできるだけ1か所にまとめる作業を指します。ファイルが散在することによる断片化を解消する作業となります。

デフラグを実施することで、ハードディスク内のデータはきれいに整頓されます。これまでバラバラだったデータができる限り一か所に集められるので、ファイルを読み書きする速度が速まります。これにより、パソコンが重いといった不満をなくすことができます。でもデフラグなど必要がない場合があります。それがSSDです。おすすめのゲーミングノートPCには必ず入っているSSDですが、HDDのように重くなることが少ないため、わざわざデフラグをする必要がありません。

デフラグはWindowsの標準機能として無料で行えます。スケジュールを設定し、定期的にデフラグを自動で実施することも可能です。一方、市販のデフラグソフトもあります。パソコンを使ってるときでも作業がとまったときを監視し、負荷の低いときに自動で実施できるものなどがあります。例えば仕事をしているときはデフラグをしないようにして動作に影響が出ないようにします。お昼休みなどでパソコンを使わなくなったら、デフラグソフトが自動で判断してデフラグを実行します。ユーザーの作業に影響を及ぼさないでデフラグを実施することが可能です。